FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[转帖]スペシャルエディションI 意見や感想

良い点
・リボンズ目線が盛り込まれているところ
 (個人的には特に序盤とアレハンドロとの会話の裏での本音)。
・新作カットの戦闘シーン。動きまくりです。
 このクオリティだと来年の劇場版にも期待できそう。
・EDテーマ「i(ai)」。
 じっくり何度か繰り返すと染みてくるような良さを感じます。
・新録や追加シーン以外は、原則もとの音声を使っている点。
 オーディオコメンタリーに詳しいのですが、過去のSEEDシリーズの
 スペシャルエディションで感じた完全新録の違和感といったものが
 00ではかなり払拭されています。(悪く言えば、元の素材をただつぎはぎ)

悪い点
・TVとは合致していない点。(アレルヤがピーリスと初邂逅のシーンでは、
 アレルヤのみ脳量子波の干渉を受けている点や、
 勝手に吹っ飛んでいるデュナメスの右腕など)
・マイスターの心理描写の変遷も少々荒くなっている。
 (例えばティエリアの当初の完璧主義者のスタンスから人間味溢れるキャラへの変化)
・割愛されたサブキャラや名シーン。
 「スペシャル」な台詞やTV11話のアレハレの対話など。
 キャラでは絹江の最後の描写はおろか、ハワードがまったく出てこないし。
 思い入れのあるシーンがばっさばっさです。
・2ndシーズンのBGM。違和感拭えません。

---------------------------------------
劇場版へのおさらいとしてのテキストとして捉えたほうが良いです。
この巻で1stシーズンを消化しているので個人的に思い入れのあったシーンや台詞等がカットされていたのは残念、絹江さんの死がカットされていて一般市民視点役の沙慈の犠牲者としての悲劇性がルイスの負傷のみで説得力に欠けフラッグファイター達のシナリオが全く無くグラハム・エーカーのフラッグへのこだわりも皆無に近いです本当に1stシーズンはダイジェスト扱いです。

作画レベルはSEEDより格段に上なので繋ぎ繋ぎでもあまり違和感はありません、でも戦闘シーンはカットが変わると急に腕が無くなっていたりと観ていて雑な部分も。
話を圧縮し過ぎて「もうここまで話がとぶの?」と思うこともありますがメインは2ndシーズンなのでしょうがないと思います。

本編を観ていなくてもスペシャルエディションを観ていれば劇場版も違和感無く観れるのでしょうがあまりにも1stの扱いがぞんざいです。

25話を圧縮しているのでスーっと話は進んでしまいますのでTVシリーズのDVDを持っている人にはあまり必要は無いかもしれません。
-------------------------------------------------------------------
新作カット目当てやコレクターの方、さらっと話をおさらいしたいという人向けです。
事前の雑誌紹介などを読んで思った予想とよく無い意味で違っていたので、正直いきなり購入するのではなく、事前にレンタルで視聴すればよかったと思いました。
半年分の話を一本にまとめるのは難しいとは思うのですが、本編が漫画だとすると、SEは漫画のコマに文章で説明を足したような印象を受けました。これは仕方ないかもしれませんが。
ネタバレしたキャラ(リボンズ)が実はこの時こんな事を考えてたというのは、スペエディでしか出来ないと思います。
面白い部分もありますが、あくまでテレビ放送で面白かったシーンの短縮版の面白さなので、スペエディでしかない面白さを出して欲しかったです。
また初回限定の表紙だけ見ると、ニールとライルの兄弟の過去関連に刹那を交えた話の追加でもあるのかと錯覚しますが全くありません。
エンディングの追加アニメ絵も二期キャラよりも、一期キャラの新規カットをもっと追加して欲しかったです。一期で死んだキャラは今後出てくる事はなかなか無いと思うので。
新規カットもありロックオンのトランザムシーンなどは嬉しい追加ですが、既存の一期のTV放送DVDを購入したほうが、一人ひとりの描写も充実してるし、キャラクター達の心の交流のシーンも削られてなくて面白いです。
---------------------------------------------------
ですが、個人的にマイスターとリボンズ、コーナーさん以外のキャラクターがほとんど出番がなくなっているのがちょっと・・・
とくに自分が一番好きなキャラである、AEUのエース、パトリック・コーラサワーの出番がほぼカットされてます。
最初の名台詞、「俺は!スペシャルで!二千回で!模擬戦なんだよぉ!!」がカットされ、そこから軍事演習での
ものすごい操縦技術のシーン、大佐と初めて会うところ、大佐をデートに誘うところなど、全部ありませんでした。
グラハムも、グラハムスペシャル、ヨハン相手に一矢を報いるシーンがカットされていました。
これじゃあ、ラストになんでフラッグがビームサーベルを持っているかがよくわかりません。
それ以前に、ハワードやダリルが中心のフラッグファイターもほとんど出番がなかったです。
人革連のソーマも二期だと中心キャラなのにセルゲイ中佐を助けたときのセリフがありませんでした。
そこのセリフが好きなセリフだったために残念です。
この辺は、一期を一巻で終わらせなければならなかったので仕方ないところもありますが・・・
でも、できれば一期でも少し登場しており、パッケージにも載っているライルの出番は見たかったです。出ていたのはエンディングだけでした。
それでも二期へ続かせるためのリボンズの策略がよくわかるようになっているため、買って損はなかったです。
次のスペシャルエディション2にも期待しております。できればもっと他キャラにも出番を・・・
-----------------------------------------------------------
なぜ?
あのルイスの惨劇から沙慈との再会のシーンのBGMがバックホーンの「罠」なんでしょ?
全体的にTV版より選曲が悪いんじゃないでしょうかねぇ?
なぜこのシーンでその曲?って所が多く、2ndシーズンの曲も思った以上に流れたのも気になりました。
そして1stシーズン象徴的な男性コーラスの曲も殆ど聴かれず、最後の戦闘にも威圧的な危機感をTVの時より感じ辛かったです。

次回は別の方が編集の方針を決められるらしいので、シーンに合った選曲を期待します。
-------------------------------------------------------------------
90分という時間の制約から仕方が無かったのだと思いますが、正直、不完全燃焼感が否めません。

確かに新規追加されたシーンは魅力的ですが、オリジナルの名シーンがことごとく改変され、ツギハギにされ、思い入れのある音楽が差し替えられているので悲しい気持ちになりました。

他の方の指摘と重複しますが、冒頭のコーラサワーのカットに始まり、

・イオリアの声明シーンがカット。声だけ一部流れる。
・「ロックオンストラトスの初陣だ」がカット
・「俺がガンダムだ」が、その後の戦闘シーンごとカット
・「たった5分で全滅だと」のモラリア戦闘シーンがカット
・デュナメスの高高度砲撃能力が、エピソード丸ごとカット
・「こんな早期にナドレをさらしてしまった」がほぼエピソードごとカット
・「身持ちが堅いな、ガンダム!」が戦闘シーンごとカット
・刹那のマリナ様の寝室侵入シーンがカット
・アグリッサにやられて「死ぬのか・・・俺は」シーンがほぼカット
・グラハムの「阿修羅すら凌駕する存在」が戦闘シーンごとカット
・アメリカ大統領、AEU議会、人革の偉い人達はほとんど丸ごとカット
・フラッグファイターも丸ごとカット
・絹江さんのソレスタ調査や、最後の顛末が丸ごとカット
・人革との宇宙戦、砂漠での大規模演習、刹那vsトリニティ、トランザム発動、ロックオンvsサーシェス、お願い世界を変えて、反射と思考の融合、俺達がガンダムだ、などの名シーンがことごとくただのダイジェストに。

うーん、やっぱりオリジナルを買うのが一番です。
オリジナルが好きな人ほど悲しい気持ちになる一品です。
---------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rikko83

Author:rikko83
今、ガンダム00が気になる存在になってしまいました。
グラハム・エーカー幸福至上主義
中村悠一さんが大好きだ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
free counters カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。